チャンスを掴むためには行動をする看護師は応援したくなる。美容外科で働きたい人のための求人特集!

今の美容クリニックにいる以前には一度に一つのことしかできませ
んでした。
それが、同時に複数の用事をやって、たくさんの仕事をこなせるよう
になりました。
私の処理能力が上がったのが、この美容外科・皮膚科に転職して
からです。
「もうこれ以上はできない」というギリギリのところまで自分を追い込
むと壁を越えられるのです。
私は求人に応募したからクリニック勤務時代にその壁を超えました。
限界への挑戦をずっとやり続けている人はどんどん能力が上がって
いくものです。
でも、人にはいろんなタイプがいます。
その人が5年かけてやることを10年かけてやる人もいます。
それは、その人の人生プランだからそれでいいと思います。
ナースは、そういう自分のペースに合った経験の積み重ね方を選べる
職種ですね。
ただ、壁を超えたいという欲求があるならば自分に負荷を与えた方が
いいでしょう。
私はどちらかというと「断れない人」でした。。「あ~こんなの絶対無理!」と思っても嫌と言えないタイプです。
しかし、そうしても引き受けたことが私にとっての成長のチャンスだったんだと思います。
たぶん、人生は人と人との出逢いで決まることが大きいと思います。
チャンスは新しい職場に配属されるようなことだけではありません。
本を読んでみようと思うことも、日常の業務をちょっと工夫してみよ
うと思うこともチャンスなのです。
ただ、新しく踏み出そうとする時には目の前にいる患者さんのために
何をすればいいのか、どんな能力・スキルを身に付ければいいにかを
考えなくてはいけません。
美容外科 求人

ナースの性格は個々に違う!美容外科求人サイトに登録してよりよい職場へ

救急救命の医師の1人であるドクターは脳低温療法を世界で初めて
開発しようとしていました。
その治療法を当時の救急救命センターのナースや薬剤師が集まり、
確率していました。
私もこの治療法の普及のために、その後たくさんの医療関係者に説明
の機会をもちました。
救命救急センターは死亡率が40%と高く、亡くなっていく人が非常に
多くてそれが普通でありました。
そのために、うつ病になる看護師がたくさんいました。
美容クリニックも同様で肌に色素が沈着してクレームをしてくる
患者もたくさんいてナースも気が落ち着きません。
この状況に私もかなり悩みました。
なんとかしようと研究をしたり論文も書、求人の面接もやりました。
事態を改善するために、ナースが創造的に毎日のケアを考えること
ができる環境を整えること、一人ひとりのナースに自分の性格傾向
を把握させて、うつになるような状況になったら休みを取るように
させるなど個々に合った働きかたを考えさせることに取り組みました。
こうした新しい取り組みの他にも、病院の外では救急看護認定看護師
制度の立ち上げ準備にも深くかかわりました。
とにかく、たくさんのやらなければならないことが一度に押し寄せて
きた時期でした。
しかし、私も忙しかったけれど、いっしょに働いていた若い医師たち
もたくさんの仕事を抱えていました。
論文は書く、臨床もやる、医師も「なんであんなに片づけられる
のか?」と不思議に思うほどの仕事量をこなしていました。

いざとなったら家庭をとる美容外科の看護師!求人に応募してもわからない現実

たのしく働きたいと思ってずっとやってきましたが、私の中で何が
楽しいのかといえば、新しいことに取り組むこと、何かをかえること
なんです。それは、学生時代から看護部長になった今でもずっと変わらないような気がします。
こういう態度は、若いころはずいぶん生意気に思われていたと思うん
ですね。
美容外科の求人サイトを見ていた時から私の信念には一貫したもの
がありましたから。
経験も浅い新米が先輩に「こんな風に変えたらどうですか?」とすぐに
提案するのです。
医学部の附属病院の手術室の勤務の時に主任になりました。
まだ、子供が小さかったので世話を母に手伝ってもらいましたが
子供はぜんそくを患っていたので看病のために欠勤することもあり
ました。
そのころ、私が思っていたのは「主任の変わりはいるけれど母親の代
わりはいない。もし、どうにもならなくなったら、私は家庭をとろう
」ということでした。
そんななかでも、術前術後の患者訪問を新たに行う試みを提案して、
その研究をまとめて学会発表をしました。
看護のプロとして本当の意味で転機になったのは、その後、婦長として
救命救急センターの開設にかかわった時でした。
ここでは難題が山積みでした。
当時は、まだ看護師の勤務は3交代制でなければいけないとされていた
時代でしたが、私は12時間・2交代制の導入を推し進めました。
着任予定のナースの集めて「こんなことをやっている美容外科クリニック
はどこにもない。私だってどうなるかわからないけど求人サイトで
せっかく入職して来られたのだからチャレンジしてみない?」と説得
しました。彼女たちには大きな選択だったと思います。

自分の居場所作りへ!美容外科の求人を探している看護師へ贈る言葉

美容外科求人サイトを利用して今のクリニックに入って「そろそろ
あなたも、今までと違う役割をしてもらえますか」と言うと「日常
業務プラスアルファーの業務が増えるから嫌だ」と愚痴を言うナース
がいます。たしかに、管理職かスペシャリストかいずれかに向いている
タイプの人がいてもいいですしそれを選択するのも本人次第であると
思います。
しかも女性はライフコースの中に多様なイベントがあって忙しいのです。
私は、ナースとして基本は必要であるけれど、子育てが大切な時は
病院やクリニック外では仕事のことは忘れてもいいと思っています。
需要なことは、今はこういう時期と認識したうえで働くことです。
その時々に、仕事と生活のバランスをとって、ナースの仕事を続けて
いってほしいですね。
また、できないことは悪いことではありません。
すべてがわかっている人ははどこにもいないのですね。
できない自分を受け入れながら、得意なものをひとつもって、
それが一つから二つ三つになってだんだんと増やしていけばいいだけ
です。
大事なのは働き続けることで、続けていけば自分の居場所ができるし
今度はそこを居心地のいい場所に変えていけます。
また、そういう美容皮膚科クリニックを提供していくことが私の
仕事だと思っています。
あなたにとって居心地の良い場所は足元にあるのです。
自分の居場所作りのためにがんばりましょうよと当美容外科クリニック
のナースにはもちろんこれから求人探しをしている看護師の方にも伝えたいですね。

新人として入職したクリニックは美容外科求人誌にも載っていた職場です

今の中央病院に転職してからは「いかに新人をやめさせないか」に苦労
しました。しかし、どんなにいい環境を整えても「辞めたい」という
新人ナースは必ずいます。
厳しく言うとつぶれるし、優しくしても他人と比べてしまって「私には
美容外科クリニックでは通用しない。」と落ち込んでしまいます。
結局は、スタッフの教育やフォローはみんな同じようであってはいけ
ないし、これは看護の場面でも同じであるということがわかりました。
たいへんではありますが、みんなが同じではないからこそ、患者さん
スタッフに対して優しくできるし工夫できるのだと思います。
それがまた楽しいのだと思います。
美容外科求人サイトに登録して入ってくる新人には優秀なナースや
そうでないナースもいます。
また、新人と向かい合う中でも「初心者としての自分を忘れては
いけない」と思うようになりました。
今は、趣味として水泳をしていますが頭で理解できているこことでも
体が反応しないまりできないことがあるのです。
そういったことは新人看護師にもあるのだと思います。
だから、私は自分のためにも、教え続けることためにも、初心者の
気持ちを確認するような体験を重ねていきたいと思っています。
けれど、私自信は常に追いかけられていたいタイプなのです。
また、看護師としての仕事を初めて向き合う時の自分のモチベション
を意識したいと思っています。
クリニックの現場で働くことは想定しているよりも苦情などがあり
ストレスがたまる職場であります。

美容外科求人サイトから転職する看護師はいろんなナースがいる

多くの看護仲間とともに看護についてなんぞやと語りあったりして1年
くらい過ごしました。心に残った言葉は「最善ではなくて次善になる
ことがあるでした。
美容外科クリニックの求人はあまり書いてなかったのですごく感銘
を受けました。
この患者さんにはこれがベストでも、同じ状況のように見える患者
さんにも当てはまるとは限らないのです。
すべての状況を考えて、シミに悩んでいる患者さんには、今はベター
だとと思われる方法をとる方法がいいこともある。
結果的にはそれがほうれい線に悩んでいる患者さんにとっての
ベストになるかもしれないという考えにたどり着きました。
クリニックで勤務していた時には経験できない出来事にまた出合い
ました。
美容看護専門学校で教員として生徒に教えていた時です。
ぢちらかというと不器用な学生を実習につれていった時のことです。
彼女が治療していたのは40歳くらいの女性でニキビの跡が顔に残って
消えなかったのです。
その患者さんは以前は会社の部長で部下の指導に生きがいをもって
いる方でした。
「先生、彼女は一生懸命だから将来良い看護師さんになりますよ。」
と笑顔で話すのを目にしながら、「ナースは、こんなこんなふうに
患者さんのもっている力を引き出せるものなのだ」と感動しました。
その経験から「いろんな美容外科求人サイトからやってくるナース
がいてもいい」と確信をしました。
その後、臨床に戻って教育をしたいという気持ちが強まり大病院に
勤務しました。

求人サイトで模索していた夢。美容外科の求人で看護師の根っこになりました

私の人生の転機は、循環器内科の医師が「人工呼吸器をつけましょう」
と言った時のことです。
当時は、スパゲティ症候群といって体にたくさんのチューブやセンサー
を取り付けられた患者さんの治療をする医療技術が流行っていました。
しかい、医師が「血液データを改善するには仕方がない」といった
考えをもっていたため違和感をもっていました。
そこで私は、「今、付けなくてはいけないのでしょうか?」と聞いて
みると逆に「あなたはこのデータを見て何とも思わないのですか?」
と返されました。
美容皮膚科の求人はたくさんあったけど、美容外科の求人はあまり
多くなくてせっかく入職したのだから早期の退職だけは避けなけれ
ばならないと奮闘しました。
「違う」と思ったのですが、うまく反論できませんでした。
患者さんは挿管されて会話もできない状態でケアをしながら、「なぜ
医師に説明できないのかと悩んでいました。」
その時に、美容看護大学の学生が実習に来ました。彼女にそのことを
話すと「看護観の問題かな~?」と言われました。
私は、恥ずかしながら臨床経験が15年もあるので言葉としては知って
いてても自分の「看護観」が何かをまともに考えたことがありません
でした。
ピンと来なかったのが本当のところだと思います。
そんな経緯があったものですからクリニックを一旦辞めて痛烈に
「勉強しなければいけない」と思って30歳を過ぎてから日本看護協会
の研修学校に入学しました。
ここで一から基礎を身に付けなおしました。

日勤のみのクリニックに転職後に落とし穴が!求人広告は本当のことだけ掲載されて いない美容外科の実態

あれはいつの時だったでしょうか。
カンファレンスの場で公開質問状の形でたくさんの質問を受けました。
美容外科のクリニックのスタッフの声を家に帰って整理すると、内容
は医者やチームや私個人に関するものがでした。
それで、スタッフが私に求めているものに気が付きました。
看護師のスタッフが求めているのは夜勤スタッフとしていっしょに働く
私ではなくて、管理者としてみんなの働きやすい環境を作っていくこと
だっとのです。
それに気づいてからは夜勤はやめて昼勤だけにして、その代わりに
みんなが働きやすいように医師やコメディカルとの連携改善のための
方針をとるなどして病棟の雰囲気も良くなりました。
それ以降は、管理の仕事も楽しくできました。
誰だって仕事は楽しくしたいですよね。そのためには、看護師求人
サイトを見て美容外科や皮膚科に転職することを目標にしている
方もつねに「ああしたい、こうしたい」と思ってほしいいです。
それが、「私でもできる。」「もっと極めたい」という前向きな
思いにつながていくのだと思います。
また、周囲にいる先輩ナースなど素敵な人に近づきその人から
看護師の資質を学んでほしいです。
そのことが自分のキャリアを積み重ねていくことになり資産
となりますから。
今までの経験では病棟の主任として働いていた時のことですね。
慢性呼吸不全の患者さんのために酸素療法を行っていた時です。
直接、美容外科クリニックとしてためになることではないかも
しれませんが、いい経験になったと思っています。

夜勤のない美容外科クリニックに求人応募が殺到する

3年前に勤めていた病院は看護師の人数が足りなくて人材不足が問題
でした。
その病院はナースの人材を紹介する会社に依頼して求人を募集する
ことにしたのです。
ハローワークにも掲載をしていたけどあまり応募する人はいませんでした。
20代の若い方は夜勤がない美容外科クりニックなどを希望すること
が多いのですいが看護師としてもスキルを身に付けるには一般病棟
でオペ室の助手などを経験してからでも遅くないと言い続けた結果
若い方にも多数入職していただけました。
「うちの病院はたいへんだけど、自信をもって手当ができる、患者
さんに安心を与えられるナースを育てる」という言葉が決めてとなった
のでしょうか。
仕事はなんでもたいへんだけど、中でも看護師業務が重労働でいうこ
とはいうまでもありません。
新卒の方も何人か採用することができましたが、多数は元看護師や
看護師資格を持っていて結婚していて復帰したい人などが多いです。
いよいよクリニックがオープンするという時になって年長のナース
がスタッフにいる重圧もあったのか体調不良で出勤することができ
ませんでした。
でもその日に先輩から「今すぐ出勤してきなさい」とおしかりの
電話があったのでやっとの思いで病院まで行きました。
そのうち体調もよくなりいくつもの新病棟の開設に携わっていき
ました。
婦長時代には、夜勤専従になり寝不足になりながらもチームを
まとめていくことに必死になっていました。
昼勤の時とは真逆の生活で辛かったです。

ナース不足の時代は看護師求人サイトの活用!美容外科・皮膚科の未来はありのか?

私の職場は自宅から美容外科クリニックまで電車で終点から終点まで
の遠距離通勤でした。でも最近求人サイトを使って別の美容皮膚科へ
転職したので最寄駅から2番目の駅になりました。
以前は、仕事が膨大で電車に乗れないと感じるほど疲労が蓄積して
いました。
そしてついに退職を決意したのであります。
その後、出産を経験して2年間育児のために家でのんびりと生活
していました。
半年くらいでまた社会復帰したいと思っていたけど夫が専業主婦として
家にいてほしいと言ってきたのでよく喧嘩をしていました。
しかなくパートとして診療所で働くことを許してもらいましたけど
二人目を妊娠した時に退職しました。
出産後にはなんと200床もある規模の病院のオペ室で派遣として
働きました。
その時に気づいたのが看護師の仕事が好きだということです。
臨床とは少し違ったこともやったことがあります。
それは、開院して間もないクリニックで人集めをしなければいけなか
ったことです。
ナースの数が圧倒的に少ないなかでどうやって集めるのか考え、地方
で説明会を開いたりしました。
この経験で看護師求人を募集するノウハウが身に付き多くの女性を
面接をすることで人を見る目が養われました。
ここでは急性期病院ですので戦場のような病院なのです。
24時間どんな患者さんも受け入れることがありますし、平均して15日
の入院でやるべき治療はしなければいけません。
非常に中身の濃い時間なのでドクターとのコミュニケーションは
欠かせませんね。